婚約指輪から結婚指輪へ

| コメント(0) | トラックバック(0)
さて、婚約指輪のあとは結婚指輪です。

婚指輪の主流といえばやはりプラチナかチタンでしょう。
しかしチタンは性質上サイズ直しが利かないので、後々のことを考えるとプラチナのほうがいいかもしれませんね。
プラチナは酸や熱に強いので、変質や変色を心配する必要もありません。

しかし逆に欧米では、イエローゴールドが主流のようです。
錆びない特徴と、ゴージャスな印象と共に温かみを感じさせる色合いが人気の秘訣でしょうか。
ゴールドはイエローだけではなく、ホワイトやピンクといったカラーバリエーションも豊富。様々なファッションシーンで活躍してくれそうですね。

しかし結婚指輪は婚約指輪とちがって日常的に付けるものなので、あまり凝ったデザインのものは控えましょう。
家事や仕事の最中に引っかけて壊してしまったら元も子もありません。
つけっぱなしにしても生活に支障が出ないような、指に馴染むデザインが望ましいです。

一昔前はプラチナや18Kのみのシンプルなタイプが主流でしたが、最近ではさりげなくダイヤモンドを埋め込んであるタイプや、リングがゆるいV字に変形しているタイプが人気のようです。
独特の彫りこみが施されているのも可愛らしいですね。

sanple-07.jpg

ブランド会社からも沢山の結婚指輪が売り出されていますが、やはりブランドだけあってそれなりにお値段が張ります。
結婚指輪は婚約指輪ほどお金をかける必要はありませんが、指輪は指輪なのでやはり高価であることは間違いありません。
結婚指輪の相場はペアで8?10万ほどでしょうか。
ただし男性用は女性に比べてサイズが大きくなるので、3000円程度割り増しになるケースもあるようです。

しかし婚約指輪と同様に、なにも世間の掲げた相場価格を守ることはありません。
一生の思い出として残るものだからこそ、無理をせず、予算と希望に見合ったデザインを二人で探していくことが大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kekkonnyubiwa.net/mt/mt-tb.cgi/167

コメントする